ビジネス書 未来予測 読書

人工知能とブロックチェーンを活用できないニッポンが心配だ。

更新日:

本書はー

大航海時代、産業革命、IT革命へといかに時代が移り変わってきたかの歴史やビジネスモデルの変遷を振り返るとともに、AI・ブロックチェーンによって大きく変化していくであろう未来にどのように日本が対応していくべきかを論じた本です。

 

人類500年の歴史から、「新しい大航海時代」の到来を描き出す AI・ブロックチェーンは経済をどう変えるか!?

AIやブロックチェーンの台頭により、世界を動かす「ビジネスモデル」の大転換が起きている。組織から個人へ、集権から分権へ、垂直統合から水平分業へ。産業革命以前の「大航海の時代」と酷似した状況が再び訪れようとしているのだ。

はたして、日本はどうするべきか? 500年の歴史を紐解き、国家・企業・個人が「進むべき道」を指し示す!

引用:「産業革命以前」の未来へ ビジネスモデルの大転換が始まる (NHK出版新書) | 野口 悠紀雄

 

本書の概観・キーワード

大航海時代の始まり

  • 開拓者精神の有無が成否を分けた
  • 官僚主義国家・中国の大停滞

 

産業革命の到来

  • 垂直統合型モデルによる巨大組織の時代

 

IT革命の到来

  • 情報・通信という新たなフロンティア
  • 垂直統合型から水平分業型モデルへの転換
  • 大きさではなく速さが重要となった
  • GAFAによる寡占状態が生まれた
  • ユニコーン企業の台頭はあるのか?

 

AI・ブロックチェーン革命

  • 仮想通貨バブルはブロックチェーン技術の始まりに過ぎない
  • AIとブロックチェーンの両方が人間の仕事を奪う

 

大停滞から覚醒した中国

  • BAT(中国版GAFA)
  • 急速に進むキャッシュレス化
  • 中国の大学はCS分野において世界トップ

 

完全に出遅れた日本

  • 時代遅れのモデルから抜け出せない日本
  • 成長時代の遺物が抵抗勢力として居座る問題
  • 内向き志向ではなくシステム自体に問題がある
  • 長期停滞を抜け出すには「既存システムの改革」が必要

 

単純業務は機械に代替される

単純な業務は代替される。付加価値を加えることなく、単に情報を伝達したり、取次や仲介をするだけの機能しか果たしていなかった人は、不要になる

 

ホワイトカラーも機械に代替される

  1. 司書、研究者、小売店員、銀行窓口係、旅行業者、株式仲買人
  2. 医師、弁護士、会計士、コンサルタント(情報産業で働く人たち)

『人工知能』の中でバラットは言う。あと数年で、あらゆる類の司書や研究者が、小売店員、銀行窓口係、旅行業者、株式仲買人とともに、失業者の列に加わることになるだろう。

そのあとには、医師、弁護士、会計士、コンサルタントなども続くだろう。情報産業で働く人は、銀行の窓口係があっという間にATMに置き換わったことを忘れてはならない。

 

これだけでも大きな変化ですが、それだけでなく「最初はどれだけ人間がAIに抵抗したとしても、AIの方が人間より正しい判断をするようになれば、AIを使わざるを得なくなっていく」未来を著者は示唆しています。

 

経営者も機械に代替される

ブロックチェーンは、労働ではなく、管理・経営を代替する。管理者が行っている仕事のかなりは、ルーチンワークだ。だから、そのかなりのものは、スマートコントラクトの形にしてブロックチェーンで自動的に運営することができる

 

では私たちは今「何を学ぶべきか」?

いま学ぶべきは、AI・ブロックチェーン技術。

ITの場合にも、それを使える人と使えない人で生産性に大きな差が生じた。知的な作業においては、パソコンを使えるか否かは決定的な差だ。いま、AIとブロックチェーンについて、同じような問題が起ころうとしている。

この技術を仕事の中にうまく取り入れる人や企業と、取り入れない人や企業の間では大きな差が生じるだろう。

 

本書を読んで、「日本はこのまま大きく変革することのないまま、時代遅れの国家として衰退していくのだろう」という思いを強く感じています。

 

AI・ブロックチェーン技術に携わる人々は極めて優秀であるため、今さら自分がそれらについて学んだところで、AI・ブロックチェーン分野で活躍する人材になれる可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

 

しかし、現代においてIT機器を使いこなせない人とそうでない人との間に大きな情報格差や効率格差が生じている現状を考えると、AI・ブロックチェーンについて(それらの業界で働くことが不可能だとしても)知識だけでも持っておく必要があることは言うまでもありません。

 

無い袖は振れないという言葉がありますが、無い頭を必死で働かせてでも、AI・ブロックチェーンについて学んでいかなければですね。

-ビジネス書, 未来予測, 読書

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.