10代 20代

10代・20代引きこもりは今すぐ就職活動を始めよう。まだ間に合います。

更新日:

こんにちは、トシキです。

 

今日もロシア人彼女に貢ぐために必死で働いています。

 

もしかしたらロマンス詐欺かもしれませんが、それはそれでブログのネタになるので、今はあえて虎穴に入る覚悟です(笑)

 

今回の記事では、20代の比較的若いニートの人に向けて、30代となった僕がニートの先輩(というと偉そうですが...)として、

 

あの時こうしておけば...。今もし20代から人生やり直せるなら、○○していただろうに...。と後悔している実体験を紹介しつつ、

 

10代・20代ニートの人たちに向けて、今後の人生をより良くするための後悔しない生き方をお話させていただきます。

 

今回の記事では、

  • 10代・20代の人が人生をより良くする方法
  • 30歳ニートの悲哀
  • 30代ニートという絶望

などについて語ります。

 

僕のあまりにも惨めな現状を反面教師にすることで、就職に対するモチベーションが湧いてくることを保証します。

 

 

20代ニートは今すぐ就職活動を始めよう。まだ間に合います。

なぜ僕が、10代・20代の若いニートに「就職」を強く勧めるのか?

 

それは、30歳になると就職の間口が急激に狭くなってしまうからです。

 

 

就職支援サービスの多くは30歳以上を対象としていない。

引きこもりに関するブログを始めるにあたって、ニートに関する就職支援サービスを調べてみて絶望しました。

 

なぜなら、多くの就職支援サービスが対象としているのは、10代・20代(遅くとも29歳)までの人々だけだと思い知らされたから。

 

もちろん僕も、30代になってまともな就職先があるとは思っていませんでした。

 

とはいえ、そもそもスタートに立つことすらできないとは思いませんでした。

 

30歳以上は対象外だと知ったときの絶望たるや。

 

過去にそういった話も聞いた気がしなくもないので、もしかしたら「知っていたけど目を背けてきた」だけなのかもしれません。

 

とはいえ、ずっとニートで生きてきてしまった人の中には、こういった情報を知らない人ももしかしたら居るのではないでしょうか。

 

現在30歳の僕は、自営業で生きていくしかない現実を思い知らされました。

 

同級生たちはどんどん出世して、家庭を築いて、成功への階段を登っています。

 

若い頃は彼らも平社員だったので、僕も彼らを見てそれほど引け目を感じることはありませんでした。

 

しかし、今は違います。

 

彼らがどんどん出世して、社会的に認められていくのを横目に見るのがつらい。

 

そして、僕と彼らの差は、歳を重ねるにつれて広がっていくので、これから歳を重ねれば重ねるほど、どんどん辛くなっていくでしょう。

 

取り返しのつかない失敗をしてしまった...。と痛感しています。

 

どうか、僕のような愚かな失敗をしないでください。

 

後悔と屈辱にまみれた30歳にだけはならないでください。

 

今、10代・20代でニートをしている人すべてに伝えたい。あなたは「まだ間に合います」と。

 

今すぐ面接に行ってください!

 

と言いたいところですが、さすがにそれは勇気のいる行動だと思います。

 

僕もニート・引きこもり歴が8年で長いので、急激な変化が怖い気持ち、よく分かります。

 

とはいえ、何もしないと貴重な10代・20代の時間がどんどん過ぎていってしまいます

 

なので、まず「とりあえず相談」してみることをオススメします。

 

以下の就職支援サービスでは、無料で就職相談ができます。

 

僕も20代の頃に利用したことがありますが、ずっと引きこもりだった僕に対しても、とても丁寧かつ真摯な対応をしていただきました。

 

残念ながら、僕が田舎に住んでいることもあり、支援サービス業者様の会社まで通うことができなかったため、カウンセリング以上のサービスを受けることはできませんでしたが、5大都市圏周辺に住む人にはぜひオススメしたいサービスです。

 

こういった就職支援サービスを一度でも利用(無料相談でOK)すれば、少なくともあなたは求職者の1人としてリストに登録されます。

 

一方、何もしないでニートを続けているままだと、求職者であることが誰にも分からないので、支援業者としても支援できません。

 

なので、まずは相談してみてください。

 

小さな1歩かもしれませんが、その小さな1歩が、のちに大きな1歩へと繋がります。

 

貴重な20代の時間を無駄にしないでください。遊ぶのは稼いでからいくらでもできます。

 

就職は、20代の今でないと、急激に間口が狭くなってしまいます

 

もちろん、望んで自営業になる人がいるのであれば、僕は同業者の端くれとして、その決断を応援したい気持ちでいっぱいです。

 

しかし、僕みたいに他の選択肢がなくて、自営業になるのだけはやめてください。

 

消去法的に自営業になった人間の末路は悲惨です。

 

自営業には雇用保険などのセーフティーネットがほとんどありません。

小規模企業共済など、任意のセーフティーネットはあります。

 

仕事もない、金もない、嫁・子どもはおろか、彼女を手に入れることすら難しい。

 

僕はもう二度と人並みの生活など送れない。一生日陰を歩く人生なのかと思うと、不安で不安でたまりません。

 

これから先、こんなにも惨めで孤独な人生があと何年、何十年続くのかと思うと絶望でいっぱいです。

 

10代・20代の若いニートの子たちに、僕のような惨めな日陰の暮らしを送ってほしくありません。

 

僕のような失敗者のストーリーはほとんど表に出てきません。

 

なぜなら、そこには夢も希望もないから。

 

時間が無限にあるかのように感じるであろう若い子たちに、僕の言葉は響かないかもしれません。

 

それでも言わせてください。30歳になると、人生の選択肢は急激に減っていきますと。

 

僕はそのことを30年生きてきて、身をもって嫌というほど思い知らされました。

 

誰にでも可能性があるなんて、まやかしの言葉に騙されないでください。

 

無限の可能性があるのは、せいぜい20代前半までです。

 

20代後半なら焦りましょう。

とにかく、動きましょう。

 

どうしても動けない、リスクが怖いなら、堀江貴文さんの『多動力』を読んでみてください。

created by Rinker
¥540 (2019/08/19 18:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

今日の予定をすべてかなぐり捨ててでも、就職支援サービスで相談してみる価値があると断言します。

 

なぜなら、今この瞬間も、あなたの貴重な時間は刻一刻と減り続けているのだから。

 

 

まとめ

脅かすような言葉ばかりに聞こえてしまったとしたら申し訳ありません。

 

でも、今回お話させていただいたことの全ては、僕が実際に経験してきたリアルな話なんです。

 

10代や20代前半ならまだ間に合います。

20代後半なら焦りましょう。

とにかく、動きましょう。

 

何もしないと貴重な10代・20代の時間がどんどん過ぎていってしまいます

 

なので、まず「とりあえず相談」してみてください。

 

以下の就職支援サービスでは、無料で就職相談ができますので。

 

泳ぐのを止めたら死んでしまうサメのように。少なくとも就職を決めるまでは泳ぎ続けましょう。

 

動き続けなければ死ぬ。その覚悟があれば、就職支援サービスを通じて仕事を見つけることができるはずですので。

 

僕は、自分の人生において、取り返しのつかない失敗をしてしまいました。

 

10代・20代の人間が最も成長する時期を無為に過ごしてしまいました。

 

どうか、僕のような後悔だけはしないようにしてください。

 

死ぬまで過去を悔やみながら生きるような時間の使い方はしないでください。

 

20代以下の若い子たちの1人でも多くの人が、僕が手に入れることのできなかった「安定した収入」や「温かい家族」というものを手にすることを心から願っています。

 

若いあなたの幸せを心から願っています。

 

ではまた。

-10代, 20代

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.