自己啓発 読書

【書評:1冊目】年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣(金川顕教)

更新日:

本書はー

成功思考(成功に対する考え方)・ビジネス・ライフスタイル・人間関係・マネーの5つの項目について、①年収300万、②年収1,000万、③年収1億の人々の考え方がどのように異なっているかをひたすら紹介する本です。

 

著者累計20万部突破! 年収300万円の人、1000万円の人、1億円の人は何が違うのか――。 スマホ1台で年に1億円以上稼ぐ人が「時間」と「お金」を生み出す秘密とは――? 若きカリスマ経営者が実践する「成功する人」のルールを公開します。

マインドと行動を変えれば、年収とライフスタイルが変わる。 5000人以上のビジネスを成功に導いた、どこよりもわかりやすいマインドセットの解説書です。

金川顕教の「年収300万円、1000万円、1億円シリーズ」第2弾。 年収1億円稼ぐ人の思考法とライフスタイルの全てがここにあります!

引用:年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣 | 金川顕教

 

年収1億円の人の思考・行動とは?

成功思考

・自分の可能性を信じる
・やりたいことをやる
・失敗を恐れない
・即断即決
・1万時間の継続

 

1万時間の継続については、以下の注意点があります。

・インプットの時間は含めない。
アウトプットの合計で10,000時間を目指す。
・インプットとは、読む・聞く。
・アウトプットとは、話す・書く・行動する

 

ビジネス

・仕事と遊びの境界が曖昧
・たくさんのビジネスを持つ
・モチベーションに左右されない
・インプットよりアウトプットが重要
・スマホ1台で仕事を終わらせる
・営業せずに商品が売れる

 

ライフスタイル

・オーダーメイド
・量より質を重視した生活
・仕事仲間と海外旅行
・仕事とプライベートでスマホ2台持ち
・時給以下の労働は他人に頼む

 

人間関係

・人脈が自然にできる
・ひたすら与える(Give&Give)
・プレイヤー思考から抜け出す(経営者)
・他人に任せるのが上手い

 

マネー

・消費ではなく投資をする
・3億円の貯金を持っている
・レバレッジの効く投資をする
・自己投資で年利1,000%を達成する

 

まず年収1,000万を目指そう!

本書を読む人のほとんどは年収1,000万円以下の「普通の人」かと思います。

普通の人にとって年収1億はおろか、年収1,000万すら達成するのは簡単ではないはずです。

したがって、多くの読者が知りたいのは「まず、年収1,000万に到達するにはどうしたらいいの?」という問いに対する答えではないでしょうか?

 

本書では、その答えとして「自分の可能性を信じる」ことや「自分の欲に忠実に生きる」ことの重要性が語られています。

 

自分の可能性を信じる

「自分の可能性を信じる」ことが重要なのは誰もが認めるところかと思います。

自分に自信のないネガティブな人がお金持ちになれると思う人はほとんどいないでしょう。

それに、自分の可能性を信じていないと、他人の人生に口出ししたい人々の言葉に傷つき惑わされて夢を諦めてしまうでしょう。

以上が、「自分の可能性を信じる」ことが大切である理由です。

 

自分の欲に忠実に生きる

「自分の欲に忠実に生きる」という考え方は、「清貧」や「実るほど頭を垂れる稲穂かな」といった言葉が好まれる日本ではあまりよく思われない考え方かもしれません。

しかし、自分の欲を殺して生きている人の多くは、(本当は満足していないはずの)現状に満足してしまいがちです。それを私たち日本人は「大人になる」という言葉によってごまかすことで自分を納得させてしまいます。

「大人になる」といえば聞こえは良いかもしれませんが、それは「自分の可能性を諦めた」ということでもあります。

不満足を抱えながら取り組む仕事は、どうしてもモチベーションが下がってしまいますし、成果物のクオリティも低くなってしまいがちです。

低いモチベーションで仕事に取り組み、成果物のクオリティは低い...。そんな人がお金持ちになれるでしょうか?

だからこそ、私たちは「自分の欲に忠実に生きる」必要があるわけです。

 

今すぐ行動に移せる具体的な解決策

今すぐ行動に移せる具体的な解決策は以下のとおりです。

やりたいことをやる
・↑が無理でも「高い目標」を掲げることは忘れない
・高い目標を達成するための道のりを調査・分析する。
・その際、「できるかどうか」ではなく「やりたいかどうか」で判断する。
・あとは、ひたすら道のりに沿って突き進む。
・「やるかやらないか」ではなく「今すぐやる」。
たくさんやる。たくさんやるから結果が出る。結果が出るからもっと好きになる。

 

2019年9月8日 追記

著者の事業に関しては、インターネット上で賛否両論あるようです。しかし、書籍の内容とその価格のコスパに関しては「充分ペイするものである」と私は感じました。

私は著者のセミナーを受講したことはありませんので、内情は分かりかねますが、YouTubeで配信されている動画を見る限り「相当訓練されたパブリックスピーカーである」ことは間違いないかと思います。

セミナーは書籍と違い高額な費用が必要になりますので、賛否両論をしっかり調べた上で各自判断をしていただけたらと思います。

2019年9月2日時点では、Kindle Unlimitedでも読むことが可能です。


 

-自己啓発, 読書

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.