プログラミング 読書

プロゲートが終わったら真っ先に読むべきPython本【ベストはこれだ!】

更新日:

こんにちは、トシキです。

 

ProgateでPythonのレッスンを一通り終えたのはいいけど、次に何をやればいいかわからない・・・。

 

Progateはプログラミング知識ゼロからでも始められる便利なサービスですが、それを終えた後にどうしたらいいのかが分かりづらいのが問題ですよね。

 

僕も以前、Progate後の学習で詰まった経験があります。

そこで、Python初学者向けの本を何冊か読んでみたところ、自信を持ってオススメできる1冊を見つけましたので紹介します。

 

その本とは、『いちばんやさしいPythonの教本』です。

 

本書の対象読者

  • ProgateのPythonレッスンをひととおり終えた
  • Progate以降のPython学習方法が分からない
  • ゼロから学べるPython入門書が欲しい

 

この記事を読むと以下のことが分かります。

  • いちばんやさしいPythonの教本がPython初学者にオススメな理由
  • 最初の1冊に本書がピッタリな理由

 

 

『いちばんやさしいPythonの教本』は、プロゲートの次のステップに最適な1冊!

Progateの次のステップとして『いちばんやさしいPythonの教本』がオススメな理由は以下の3つ。

  1. Progateを終えたばかりの初学者でも比較的スムーズに理解できる
  2. 他のPython本入門本と違って翻訳特有の読みづらさがない
  3. 1冊で基礎知識からWebアプリ制作まで網羅している

 

 

プロゲートを終えたばかりの初学者でも比較的スムーズに理解できる

まったくのゼロからPythonの勉強を始めるのであれば、Progateがオススメです。

本書からスタートしても問題ありませんが、Progateを経由したほうが結果的に少ない時間で学習を終えられるのではないでしょうか?

 

ドットインストールや初学者向けの本で勉強すればいいのでは?という意見もあるかと思いますが、

Progate、ドットインストール、初学者向け書籍の3つすべてを実際に試した結果、初学者にはProgateが最適だという結論に至りました。

 

なぜ、Progateをオススメするのか?というと、Progateはブラウザさえあれば今すぐ勉強を始められるから。

 

ブラウザさえあれば勉強できるので、環境構築などでエラーが起きて、学習が途中で止まってしまう心配がないのも理由の1つですね。

 

プログラミング学習本にありがちな、文法の解説とお手本コードだけがひたすら載っているという無機質で退屈な教材と違って、

 

かわいいイラストがたくさん使われているので、楽しく勉強できるのもProgateをオススメする理由の1つですね。

 

 

他のPython本入門本と違って翻訳特有の読みづらさがない(著者が日本人)

Progate終了後の初学者向けの本としては『独学プログラマー』や『退屈なことはPythonにやらせよう』などが有名です。

 

余談ですが、『独学プログラマー』の原著である『The Self-Taught Programmer』は、Kindle Unlimitedでお安く読むことが可能です。英語が読める方はコチラのほうがおトクです。

※ Kindle Unlimitedの配信状況は度々変わるので最新情報は各自確認をよろしくお願いします。

 

僕が『独学プログラマー』や『退屈なことはPythonにやらせよう』などを読んで感じたのは、翻訳本にありがちな「何とも言えない読みづらさ」でした。

 

もちろん、本に書かれている内容はどちらも素晴らしく、ちゃんとやればしっかり実力が身につくことは間違いありません。

ただ、あまりにも日本語と英語の文構造が違うせいか、翻訳本特有の読みづらさが気になりました。

 

そういった読みづらさを気にしながら勉強するのは割と苦痛です。

右も左も分からない最初の時期だからこそ、日本人が書いた本を読むことをオススメします。

 

 

1冊で基礎知識からWebアプリ制作まで網羅している

『いちばんやさしいPythonの教本』は、Pythonの基礎文法から簡易的なWebアプリケーション制作までを1冊で網羅しています。

 

絶対に抑えておくべき基本知識を1冊でまとめて学ぶことができるので経済的ですし、安心して学ぶことができます。

 

本書『いちばんやさしいPythonの教本』では、Python学習以前の「プログラミングとは?」から解説がされているので、Progateを経由しなくても学習を進めることも可能です。

 

しかし、実際にどちらも使ってみた感じだと、Progateで基礎をさらっと理解してから本書に進む方がより速く成長できるのではないかと思います。

 

ProgateでPythonを学ぶのはそれほど時間がかからないですし、Progateで学んだ知識があれば『いちばんやさしいPythonの教本』の前半部分は流し読みできますからね。

 

 

プロゲートでは学べないローカル開発やWebアプリ制作が身につく

『いちばんやさしいPythonの教本』を買うか迷っている人にとって気になるのは、

「Progateと内容かぶってたらどうしよう。お金を損したくない。」ということではないでしょうか?

 

この点に関しては「Progateを終えた人であっても、ローカルの開発環境やWebアプリの制作については学んでいないはずなので、十分買う価値はある」と、断言します。

 

すでに知っている知識が多い参考書のほうが学習に適しているという意見もあるので、内容がかぶってたらどうしよう。というのは、あまり心配しなくても良いかと思います。

 

本書の最終章では「さらに知識を身に付けるための学び方」として、Python学習者のためのWebサイトや書籍・各種コミュニティが一覧で紹介されています。

 

Python初心者が次のステップで迷わずに済むような配慮がなされている点も、僕が本書をオススメする理由の1つですね。

 

 

まとめ

『いちばんやさしいPythonの教本』は、ProgateでPythonを学んだ後に最適な1冊。

-プログラミング, 読書

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.