ビジネス書 未来予測 読書

専門家もびっくり!驚愕のシンギュラリティ

更新日:

本書は、『エクサスケールの衝撃』の内容を約半分に凝縮した抜粋版でありますが、原書の重要箇所を余すところなく盛り込んでおります。ですから、その要点以上の内容を十分にご理解いただけるであろうことをお約束することができます。

引用:『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る | 齊藤 元章

 

エクサスケール・コンピューティングとは?

エクサフロップス(エクサはギガの10億倍)を超える演算性能のコンピュータ処理

我々は、スーパーコンピュータの性能が今後も、10年間で1000倍(2の10乗≒10の3乗)20年間では100万倍(2の20乗≒10の6乗)30年間では10億倍(2の30乗≒10の9乗)40年間では1兆倍(2の40乗≒10の12乗)にまで向上する可能性が高く、その精度は20年間で1年分の狂いがあるかないかだ、ということを、肝に銘じておく必要があるだろう。

「エクサスケールの衝撃」は、おそらく絶対的であり、人類の歴史を永遠に変えるだけのものになり得るため、その変革を「誰」が、言い換えれば、いったいどの「国」が、最初になし得るのかが、きわめて重要となる。

おそらくは、最初にその変革の力を手にした国が、それ以後、それ以外の国々の追随を一切許さない状況が生じるものと考えられる。

 

プレ・シンギュラリティとは?

シンギュラリティ(技術的特異点)よりも前に訪れる、最初の大きな変革点。2030年頃?

 

エネルギー問題の解消

各種の発電効率の大幅な改善

  • 次世代太陽光発電

 

様々な新しいエネルギー創出方法の確立

  • 人工光合成・重油産生藻類
  • ほとんどエネルギー損失のない蓄熱物質
  • 熱核融合発電・レーザー核融合発電

 

基本的な生活の安定と長期の保障

食料がフリーに

  • 植物工場による食料の安定供給(野菜・豆・穀類)
  • 閉鎖循環式陸上養殖(魚介類)
  • 無菌の閉鎖空間で畜産(食肉)

 

衣料がフリーに

  • 植物工場・畜産技術による原料供給
  • エネルギーフリーによる化石燃料消費の激減
  • 余剰化石燃料を用いた合成繊維の生産

 

住居がフリーに

  • 植物工場により、必要な農耕地面積の減少する。
  • 余剰農耕地の宅地転用が進む(土地の需給が変化する)
  • 土地は無償に近い形で提供される(都心一等地を除く)
  • 自宅勤務が当たり前になる(例:VR技術等)
  • 首都・大都市・地方都市のあり方が大きく変わる

 

公平、公正、平等で、安全な社会

  • 衣食住すべてがフリーになる
  • お金が不要になる
  • 犯罪・事件・事故のない社会

 

寿命と老化からの解放

  • 老化を制御することで「不老」が実現
  • 寿命と老化から解放される

 

まとめ

今回の記事では、『「エクサスケールの衝撃」抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る』に記載されている「プレ・シンギュラリティ後の世界で起こる変化」の概要のみ紹介させていただきました。

それぞれの出来事に関する詳しい解説は、以下の2冊をご確認ください。

-ビジネス書, 未来予測, 読書

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.