未分類

ユーチューバーの一寸先は闇!?10年後のユーチューバーはどうなる?

更新日:

こんにちは、トシキです。

 

将来のことを考えると、不安しか無い。いつまで今の仕事を続けられるのか?

これからの時代、どう生きるのが正解なの?

 

未来を生きる道しるべとなってくれる本、『ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く』を紹介します。

 

黄色の枠で囲っている部分が、僕の個人的な意見です。それ以外は、本書の内容を抜粋して編集したものになります。

 

 

20年後、30年後には、どんな仕事も残っていない。

人工知能時代に生き残る仕事とは?

  • 自動化されない非定型的な仕事
  • クリエイティブな仕事
  • 人間相手のコミュニケーションが必要な仕事

 

 

生き残れるのは、何をやらせてもうまくいく5%の人々だけ。

9割の可もなく不可もない凡人の仕事は無くなる。

 

例えば、学校の先生。

 

今後、さらなる人口減少と限界集落化により、公教育の維持が難しくなる。

 

そういった時に政府がいつまでも金を出し続けられるかは疑問が残る。

 

お金のかからない「ネット教育」に取って代わられる...?

 

47都道府県でもワースト3に入る田舎に住んでいる僕としては、現在でも既に山間地の公教育は維持するのが困難なのではないかと感じています。

 

ネット教育に取って代わられるとしたら、まずはそういった過疎地域からであることは、ネット教育の導入コストなどを考えても間違いないと思います。

 

ベーシックインカムで補填するには、あまりにも今の教師の給与は高すぎますし、教師の数が公立校だけで100万人弱いることを考えても、難しいと言わざるを得ません。

 

 

AIが進歩するほど、人間はバカになる。

バカな人間から順番に、年々賢くなるAIに仕事を奪われる。

 

未来を予測するための3大法則

  1. 第一印象至上主義
  2. 考えるより探す
  3. 中間はいらない

 

第一印象至上主義

同じような趣味・嗜好の人間ばかりが集まってしまうのが、ネット社会の特徴。

例えば、TwitterやInstagramなど、自分が見たいものだけをフォローして見るようになった結果、同世代間でも断絶が起きている。

 

考えるより探す

今は大抵のことはネットに書かれている。

 

人々は自分の頭で考えるのではなく、大勢の意見から、自分に合った回答を選ぶようになった。

 

中間はいらない

超メジャーな人は生き残る。

そこそこ食えていた中間のプロが消える。

 

例えば、恋愛。

 

誰もが羨む美男美女は、これから先も需要があり続ける。

 

しかし、ネットでいくらでも美男美女を見つけられる時代に、美男美女ではない凡人が「そこそこ」の相手と妥協して付き合うだろうか?

 

現在でも2次元の美男美女に本気で恋する男女がいることからも分かるように、肉体的な接触を必要としない人々というのは一定数存在すると思われます。

 

今後、VR技術とそれに付随するアダルトグッズが進化していくにつれて、3次元世界での恋愛を求める男女の数が減っていくであろうことはほぼ間違いないでしょう。

 

ヘッドマウントディスプレイを装着して、スイッチを入れるだけで出会える自分好みの美男美女がいるとしたら、リアルな恋愛など無くても構わないと考える人がいたとしても何ら不思議ではありません。

created by Rinker
¥2,200 (2019/08/18 15:22:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

見たい世界だけを見て生きる時代へ

格差社会

選挙に行っても社会は簡単には変わらない。努力したところで学校や職場のポジションも変わらない。

 

社会も自分も変わらないなら、自分の世界を変える唯一の方法は「盛る」ことだけ。

 

格差社会で皆が納得できる答えなどない。それぞれが見たい「現実」を見て生きる方が幸せ。

 

皆が同じ現実に向き合う時代から、

それぞれが別々の現実を見て生きる時代へ

 

いくら現実世界でケンカが弱くても、格闘ゲームの世界では最強キャラになれるように、自分が見たい世界だけを見て生きるのは、今に始まったことではありません。

 

VR技術が発展すればするほど、見たいものだけを見て生きる人々が増えるでしょう。

 

AI技術が発展すればするほど、自動生成されるコンテンツの分岐(パターン)も多様になっていくことは間違いありません。

 

誰も彼もが自分が見たい世界だけを見るようになった結果、共通認識や共通の原体験というものはどんどん減っていき、相互理解を図るのが難しくなる。

 

その結果、人々は「現実世界の人とは分かり合うことが難しい」と感じるようになり、自分が見たい世界だけを見て生きるようになっていく未来が訪れると、僕は予想します。

created by Rinker
講談社
¥972 (2019/08/18 15:22:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

グローバルの熾烈な競争に巻き込まれる

10年後、英語を勉強する必要はなくなる!?

スマートスピーカーの登場により、機械に話しかけることの抵抗感が減った。

 

その結果、音声認識に必要な言語データを集めやすくなり、データが蓄積されることで、機械翻訳や音声認識の精度が高まっていく。

 

日本にはアニメやマンガ、アイドルなどのコンテンツがあるため、機械翻訳の日本語対応はどんどん進む。と、著者は予想している。

 

日本のユーチューバーは、海外のユーチューバーとの競争に放り込まれる。否が応にも、グローバル社会の熾烈な競争に巻き込まれていく。

 

誰もが知る世界的セレブや未開のジャングルに暮らす人々などの持つ、圧倒的なコンテンツ力に日本人ユーチューバーが勝つのは難しい。

 

それどころか、グローバル競争に巻き込まれるよりも前の段階で、今の日本人ユーチューバーの置かれる立場はより厳しいものとなっていく。

 

テレビ業界の抱える問題(視聴率低下や若手の台頭を阻むベテランの存在)により、新たな市場を開拓するために、プロのアイドルや芸人がYouTubeに進出してくる。

 

その結果、今後数年で日本人ユーチューバーの主流は、アイドルや芸人に取って代わられる。

 

そして、10年以内にグローバルユーチューバーに取って代わられる。

 

10年後には、人間ユーチューバーはAIユーチューバーに淘汰される。

 

レイ・カーツワイルの言う「シンギュラリティ」(技術的特異点)が2045年頃であることを考えると、

 

今から約10年後の2028年にAIユーチューバーが人間ユーチューバーを淘汰する。というシナリオは時期尚早ではないかと思います。

 

ただ、AIがコンテンツを自動生成するとまではいかなくとも、どういったコンテンツを作れば視聴者ウケが良いのかを分析して、

 

「こういったコンテンツを作ると良いですよ」と教えてくれる、

 

アドバイザー的な役割を果たすAIが出てくるのはそう遠い未来の話ではないのかもしれません。

 

 

アマゾンなどの巨大資本がますます発展する

僕たちは「安い」「便利」といったものに抵抗できない。その結果、アマゾンのような巨大資本がますます発展していく。

 

便利なサービスを利用できるエリアであることが地代に影響する時代が来るかもしれない?と著者は予想しています。

日本で便利なサービスを利用できるエリアというのは、既に地価の高い都会である場合がほとんどです。

 

なので、便利なサービスを利用できることが地代に与える影響はそれほどでもないのでは?と僕は考えています。

created by Rinker
¥1,836 (2019/08/18 15:23:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

未来に生き残る道は2つしかない

では、どうすれば生き残れるのか?

生き残る道は2つしか存在しない。

  1. 上手くやっている人の役に立つ
  2. 上手くやっている人の機嫌を取る

 

上手くやっている人とは?

  • 景気のいいヤツ
  • 成功しそうなヤツ

 

仕事ではなく人(ヒト)を探すのが、乱世を生き抜くための道。

 

上手くやっている人の役には?

その人より少し何かを知っているだけで、役に立つことはできる。

 

役に立てないなら、せめて愛想よくしよう。

そばに置いておきたいと思われる「いいひと」になろう。

 

乱世で大事なのは「とにかく生き残る」こと。

 

かつての乱世は人の生死が懸かっていたが、今の乱世はそこまでひどくない。どんなに貧しくても美味しいインスタント食品くらいは食べられる。

 

やろうと思えば、大抵のことは自由に始められる。誰でも簡単に始められる一方で、ほとんどの人が失敗する。「運よく成功すればラッキー」な気持ちで挑戦するのが正解。

 

最低限の生活が保証されているのだから、

未来を楽しんだ者勝ち。

 

太鼓持ちやコバンザメとして小銭を稼ぎながら、あまりお金のかからない「やりたいこと」に挑戦してワンチャン狙う。

そんな生き方が果たして「しあわせ」と呼べるのかどうかは、僕にはわかりません。

 

ただ、何でもかんでも自己責任論で片付けられてしまう今の厳しい世の中において、

成功者の腰巾着として生きていくという他力本願な生き方もあるという可能性を示してくれていることが多くの人にとって救いとなるのではないかと、僕は思います。

 

 

まとめ

  • 数十年後の未来では、あらゆる仕事は消えて無くなる。
  • 何をやっても上手くいく上位5%の人間以外、生き残れない。
  • 95%の凡人が生き残るには、2つの道しかない。
    1. 成功者の役に立つ
    2. 成功者の機嫌を取る

-未分類
-

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.