ビジネス書 自己啓発 読書

できる人がやっている「騙されない」人の考え方とは?

更新日:

本書はー

イスラエルのソフトウェア会社でチーフエバンジェリストとして働く著者が、日本人の多くが陥っている「思い込み」の罠を抜け出すことで、自分の可能性を拡げる方法について語った本です。

 

本書では、全部で「30個」の疑うべき対象について解説されています。

注:僕が「これは日本人に特に必要だ」と感じたものには、★マークをつけました。

 

経験

人は過去の経験をもとに判断を下すが、最初から完璧に分かることなど存在しない。

予定通りに物事が運んでいるときこそ疑うべき。

 

クリエイティビティ

ほとんどのアイディアは「組み合わせ」であり、ゼロから生まれているわけではない。

 

二者択一

世の中のほとんどは「白か黒か」の二元論では決まらない。

二元論で判断すると、それ以外の可能性を見落としてしまう。

 

★常識

9時5時労働、通勤ラッシュなど「守らなければならない」と思わされているルールはとても多い。

最初から無理だと決めつけず、そこに思い込みがあるのではないか?と疑う。

 

お金

お金自体はコンセプトでしかなく、そこに実態は存在しない。

お金にパワーがあると思う人は、お金のせいで可能性やチャンスを狭めてしまう。

 

上下関係

イスラエルの人々は「年上」「経験の多さ」が正しいというのは「思い込み」だと知っている。

 

言葉

同じ言葉でも人によって思い描く意味は異なる。

日本人は「川」と聞いて(比較的)狭い川を想像するが、中国人は大河を想像する。

 

因果関係

人は無関係なものにも規則性を見出そうとしてしまう。

因果関係を見誤らないためにも、高い視点から抽象的に物事を見る必要がある。

 

価値観

自分が重要だと思っていることが盲点を生む原因となる。

常識だと思っていることから一旦距離を置いて考えてみる。

 

★恐怖

好かれようと嫌われようと大した問題ではない。

日本では多少嫌われようと、失業しようと、餓死することなどまずあり得ない。

 

神様

ユダヤ人は神に対してさえ疑問を投げかける。

あらゆる物事に対して「なぜ?」という問いを立てよう。

 

知識

本から学ぶべきは、知識やテクニックではなく「モノの捉え方」。

 

成功法則

絶対的な成功法則など存在しない。

私たちにできるのは「成功確率を上げる」ことだけ。

 

時間

過去を作るのは現在(の自分が過去をどう認識するか?)である。

現在を作るのは未来(のゴールをどう設定するか)である。

 

できない(という思い込み)

私たちが唯一コントロールできるのは「自分の考え方」。

 

左脳は矛盾を嫌うため、脳が勝手に「自分が納得できる理由」を生み出している可能性が高い。

間違ったゴールを目指していないか、自分を疑う必要がある。

 

自分の役割

あらゆるものは一時的な状態でしかない。

肩書にこだわる必要はない。自分の肩書は自由自在に変えてかまわない。

 

アイデンティティ

自分にとって重要なものは絶えず変化している。

やるかやらないかの判断は直感に任せよう。

 

悩み

やりたいことをやるのに、他人の許可は一切必要ない。

 

評価

自分の価値は自分で決める。

他人の評価に振り回されるな。

 

絶対確実

絶対確実な方法を探すのはやめよう。

 

目的

ルールは自分が有利になるよう作り変える。

影響力を行使するにはニッチなマーケットを見つけよう。

 

価値

多くの人は価値判断の際に、他人の評価を参考にする。

それを逆手に取って、権威や肩書を上手く利用しよう。

 

ベネフィット(利益)

多くの人は「自分にとっての利益が何か?」さえ理解していない。

相手にとっての利益と自分の目的の共通部分を探せば、協力関係を構築できる。

 

オリジナリティ

自分の価値観に正直になろう。

好みに従って情報を集めれば、自然とネットワークが生まれる。

 

人脈

相手を助けることで、強力なネットワークを築くことができる。

 

視点

物事に良いも悪いもない。

物事を決めつけることなく、ありのままに見る。

二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た。

引用:フレデリック・ラングブリッジ名言「二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た。」

 

承認欲求

人は100%理解し合えない。

他人に認められたいという欲求から自由になろう。

 

ネガティブ感情

ネガティブ感情は捉え方次第でチャンスに変わる。

 

現実

現実とは、あなたの心が映し出すものに過ぎない。

自分の心が変われば現実(見える世界)も変わる。

-ビジネス書, 自己啓発, 読書

Copyright© toshikilog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.